主にライトタックルですが四季折々の釣りを楽しんでいます。    

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィークはもう釣りには行かれないだろう?


と思っていたのですが、突然いのさんからの誘いが、、。


再現性を確認したかったので二つ返事でOK。








日が暮れる前に早めに到着したのでキャロ仕掛けに


餌釣り師からもらった青虫を付け足元にちょい投げ。


支度や釣り場回りをウロウロしているとすぐに日が沈み


投げっぱなしのロッドを引き上げようとしたら異常なまでの重量感。


足元の藻が根こそぎ引っ掛かってね?


と思いながらロッドが折れないように慎重に巻き上げていると


やがて藻の塊が見え「やっぱり、、、」と思いながら足元まで寄せてよく見ると


藻の影に何やら大きな魚らしき姿が、、、、。


慌ててタモで掬ってもらったのが













DSC01856_convert_20170507180817.jpg
                 
                体高のある肉厚のカレイ





家に帰って測ったら35cmありました。


こんな冗談みたいな予想も出来ないことが釣りでは起こりうるんですよね。


そこがある意味魅力なのかもしれませんが、、、、、、、、、。






気分を良くしてアジングへ


始めのうちはチビメバルのオンパレードでリリースの連続


上げ潮に変わると時折








DSC01857_convert_20170507181630.jpg
             
            20ちょっとのぼちぼちサイズが混じり










今日はアジはお休みなのか?と不安がよぎったので、


途中いのさんの提案でポイント移動するも


これがまさかまさかの大誤算。


上げ潮が進んでいく時間帯なので期待していたのですが


こればっかりは自然が相手なので何を言っても仕方がないので


再び元のポイントに戻ると単発ながらポツポツ掛かり


と言ってもバラシも3・4回あり~ので思ったようにはいかず、


終わってみると












DSC01876_convert_20170507182823.jpg

             なんとか6匹顔を見る事が出来ました。







気まぐれでよく裏切られるアジですが、


あのF1の様なスピード感あふれる引き味はやっぱり魅了されますね。


今シーズンはメバルがパッとしないので


次はガッツリメバルオンリーで行ってみたいと思います。
スポンサーサイト

諸島部でアジがポツポツ上がり始めたという情報を聞いたので


行ってきました。





土曜日ということもあり、灯りのある波止は満員御礼。


どこも釣り人が多かったので仕方なく灯りの無い暗がりでやってみることに。


シャローで藻が生い茂った釣り難いポイント。


潮位が低い時間帯は苦労したのですが潮が徐々に満ちて来ると









DSC01844_convert_20170501172928.jpg

             いきなりの大本命にテンションUP






藻の際を通すと










DSC01845_convert_20170501173244.jpg

             産卵直後のようなメバルが、、。







アクションを付けると余計藻に掛かるような感じだったので


終始表層からやや下までをリトリーブオンリーで攻めました。


まとまった群れが入ってくるといったわけではありませんが


単発でアジもメバルもポロポロと釣れ


終わってみると










DSC01851_convert_20170501173853.jpg

             尺を含む9匹と言う結果に、、、、。






やっぱり暗がりというのが終わってみると功を奏したような気がします。


一方メバルはと言うと、ほんと今年に入って調子が悪いです。


例年の様なサイズはいまだに出ません。





まあアジの姿が拝めただけでも良しとしましょう。(^▽^)


水温が低いので秋アジの様な青物独特の臭いもなく非常に美味でした。


サイズ的にも味的にもやっぱり春のアジの方が上の様な気がしますね。


折角のゴールデンウィークは釣りに行けないかもしれませんが


次は何釣りに行こう?

前回12月の頭にダメ元で釣行してみたら予想に反してアジが釣れました。


そのイメージが残っていたのでもう一度の思いで行って来ました。


しかし今回は前回と違って満月。





前回と同じ時間帯からジグヘッド1.2gにアジアダーでスタート。


ワームをとっかえひっかえローテーションしていると


やっとの事でHIT!!


ヒットカラーはスポットグローっていう部分的に光るやつ。


しかし跡が続かず、、、。


再びワームローテーション。





シルエットを変えてスクリューテールグラブを使用してみる。


昔買って全く出番の無かったワーム。


老舗で良く釣れるワームとして評判ですが


正直個人的にはあまり好みではないワーム。


消費目的で使ってみたのですが数色目でHIT!!













DSC01770_convert_20161220194544.jpg

           クリア系グローの銀ラメにHIT!!






満月の明りでグローの光が抑えられあまり目立たなくなるので


月夜はグローがいいと言う話をどこかで聞いた事があるのですが


正解か?誤りか?は別として今回に限ってはグローカラーだけに


バイトがありました。






いつもの様にバラシもあり(原因がやっとわかったので次回からは減るはずです。)


結局前回の様に活性は高くなかったので苦戦を強いられましたが


これもやっぱり満月が原因なのでしょうかね?








最後にノーグロークリア系のカラーで









DSC01772_convert_20161220200052.jpg

      メバルに遊んでもらいストップフィッシングとしました。










アジングはもう終わりなのか?


それとも満月の影響か?


はたまた腕がないのか?


次の釣行はちょっと考えますね。


これが本年釣り納めの可能性大です。













DSC01780_convert_20161220200639.jpg

         サイズ的にはまあ良しとしても数がね、、、。

運良く先行者が移動されたので、とりあえず釣座だけは確保する事ができました。


満ち上がりの潮が流れる中シャローからキャストしてみると


三回目のキャストでコツンとバイトが、、。


合わせ遅れ感ありありでしたが何とかフッキング。


足元まで寄せアジであることを確認。


抜き上げようとした瞬間オートリリース。  マジか、、。





でもいることが分かったので気を取り直して再びキャスト。


トゥイッチからのフォール後にバイト。











DSC01755_convert_20161215172951.jpg

              今度は獲れせて頂きました。




ちょうどいい地合いに入れたのか?


ワームを替え、立ち位置を変え攻めていると


バイトが続きます。












DSC01757_convert_20161215173423.jpg

             気持ちいい! 超気持ちいい!











潮のぶつかる場所や明暗の境部でバイトが多いのですが


フッキングの位置が悪いせいか??


バラシも多く2時間程で獲れたのは













DSC01761_convert_20161215173956.jpg

               やっとの事で5匹








尺近いのが一匹獲れましたがバラシも多く


何とも言えない複雑な気分。


でもダメ元で行ったのでアジの引きを楽しめただけでも


ほんと良かったです。









帰りに一か所寄り道をしてみるとファーストキャストからHIT!!


結構な締め込み。


でも何かアジにしては重量感のある引き。


時間をかけてやり取りをして水面に浮いて来たのは35cm程の真鯛。


ウオー!!


でもタモもないし抜き上げるしかない状態。


そ~っと抜き上げようとすると陸に落ちる瞬間まさかのフックアウト。


壁をかすめポチャン!!


最後もオートリリースでストップフィッシング。







まあアジの姿も見れたし、おじさんにみかんも貰ったし


終わってみれば楽しい釣行となりました。


さあこれで釣り納めにしようか?


どうしようか、、、、、。

もう完全にメバルに移行しようか?とも思ったのですが


未練があったので行って来ましたアジングへ、、、、、、、、、、、。





ファーストポイントは2名がタモingで何かすくっている様子。 なのでスルー


セカンドポイントへ行ってみると先客あり。 残念ながら再びスルー


出発が遅すぎたか??


祈るような気持でサードポイントへ。


到着と同時に一台の車が、、、、、。


タッチの差でポイントを取られる、、、。


もうこれ以上思いつくポイントは無い。


平日なのに何という不運。





車を止めて様子を見に降りてみると一人の男性が遠くから


「あんちゃん そこへ車止めたらいけんで」


 「ダメなんです??」


「もし帰って来ちゃったら邪魔になろー」


 「じゃあどこに止めればいいでしょうか?」


「わしの車の前にでも付けとき~」


 「どうもどうも すいませんです。」


「どっから来たん??」


 「○○からです。」


「はぁ~ 仕事が終わって来たんね~」


等々、世間話を少しの間した後


「ほいじゃあ 頑張りーよ」


と言って家の中に入って行かれました。






が、一分も経たないうちにそのおじさん再び出て来て


「あんちゃん みかん食べる?」と


 「あ、頂きます。」


と言って貰ったのが










DSC01767_convert_20161212200607.jpg

                   このみかん






ほんと島の人は人情が厚く話好きの人が多いので大好きです。


いつ来ても島の人はええ。


いつだったか夜釣りで軽四のパトカーに乗ったおまわりさんに声をかけて頂き


しばらくの間話し込んだ思い出がありますが


こんな事よそじゃあ考えられんですよ。


ほんと島の人はええ。








広島のみかんと言えば大長みかんが有名ですが


ここで一つ疑問が、、、、、、、、、、。


大崎下島で採れたみかんだけが大長みかんなのか?


はたまたとびしま街道で採れたみかんは蒲刈島等、他の島で採れたみかんも


全て総称して大長みかんと呼ぶのか???


もしかして蒲刈島の向地区で採れたみかんは大長みかんではなく


向みかんなのか?





あれこれ考えていると(笑)先ほどタッチの差でポイントに入られた方が


荷物を持って車の方へ帰って来てそのままどこかへ行ってしまいました。


?????


何かよくわかりませんがとにかくラッキー。


みかんは後で食べるとしてとりあえず荷物を提げてポイント確保。










               つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。