主にライトタックルですが四季折々の釣りを楽しんでいます。    

2012/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/08


一年を通して最も美味しいと言われるこのシーズンのメバル。


アミノ酸だったか?グルタミン酸だったか?よく覚えていませんが


その数値が高くなるのがこの季節だとか、、、。


何かの本に書いてありました。





という事で懲りもせずまたメバルに行って来ました。


先週いつものメンバーで釣行したらしいのですが


一人欠席しての今回も単独釣行です。





満ち上がりにアタリがほとんど無く我慢の時間が続き冷や冷やしましたが


やがてわずかながらアタリが出始め






DSC00392_convert_20120723194350.jpg

        と言ってもオチビちゃんですが、、、、。







時々こんなサイズは相手をしてくれるのですが


満ち上がりに期待していただけにしだいに焦りも出始めます。


当分の間キープサイズがゼロだったのですが


潮止まりが近くなってくるとやっとの事で






DSC00399_convert_20120723195225.jpg

         20UPが相手をしてくれました。






コツンというようなわずかな感覚は伝わってくるのですが


なかなか掛けることも出来ずやがて引き潮に変わり、、、、。






少し位置をずらしシャローの方へ行ってみると


ここではうって変わってはっきりとしたアタリがあり


20cm程のサイズが5・6連荘で釣れました。





シャローには活性の高いのが入って来るのか?


理由は定かではありませんが、、、、、。





感覚だけでものを言うようですが


流れに同調させられた時には何とか掛ける事も出来ますが


速かったり遅かったり流れにわずかでも逆らったりすると


うんともすんともと反応が無いと言った感じでした。





結果は








DSC00405_convert_20120723200642.jpg

フラッシュで目が光ってますが18~25cmを煮付けと空揚げように


お持ち帰りしました。









中には








DSC00406_convert_20120723201801.jpg

     海の中の壮絶な生存競争を感じさせてくれる個体も、、、、。




尾びれが噛み切られていました。


感謝していただきます。







ほんとストレスが溜まるというかぐったりと疲れた釣行でした。


しつこいようだけどあと一回行って行ってみようかな????





でも娘がしきりに「キスの天ぷらが食べた~い」って言ってるしな~、、、。