主にライトタックルですが四季折々の釣りを楽しんでいます。    

2012/081234567891011121314151617181920212223242526272829302012/10


一度でも使用したエギは数年経つと羽根の部分が朽ちて


ボロボロになり無くなってしまう事があります。


実際見てみると2個程片方の羽根が無くなっていました。


捨ててしまうのももったいないので釣り具屋に行って




DSC00452_convert_20120923190852.jpg

         この様な羽根だけを買ってみました。





プラスティックの止め具を取り除き、位置を確認して取り付けると








DSC00453_convert_20120923192002.jpg

           この様な感じに、、、。





このままではあまりにも長すぎるのでカットして








DSC00454_convert_20120923192254.jpg

         こんな感じで出来上がりました。





素人ながら割といい感じで取り付けられた様には思うのですが、、、。







次はラインの巻き替えを、、。



ラインに関しては色んなメーカーのものを使用して来ました。


個人的にはフロートのラインよりサスペンドのラインの方が


しっくりくるのでPEとポリエステルの複合ラインをよく使用して来ました。


ライン自体にこしがあるのでリーダーも組み易いですし


強度的にも非常に強い点が気に入っています。





今まで使って来た中で一番良かったのは


サンラインの8本縒りPEのハイビジブルエギングです。


イエローベースのラインにマーキングが入ったラインでした。


現在は販売されていませんが。


ブイに引っかかってもなかなかラインが切れず


逆にロープが切れてブイがこちらに寄って来るのではないか?(少々大げさ)


と思った事があるくらい、とにかく強いラインでした。


その時の記憶がずっとあったので今回またサンラインのラインを買ってみました。







DSC00445_convert_20120923195523.jpg



少し前までとある釣り具屋でヤ〇ラッピ推奨ラインと書かれてあったラインです。


一度購入してみたいと思っていたので今回買ってみました。





根掛かりの際、エギの回収率を上げようと思えば1.0号くらいがいいのですが


シャクった時の抵抗を考えると0.6号の方が遥かに楽ですし、、、。


かなり前に一度某有名メーカーの0.6を使ってみたのですが


細いラインはどうも自分には合わなかったので敬遠していました。


しかし今回久しぶりに刺激を求めて(笑)使ってみる事にしました。









DSC00446_convert_20120923201437.jpg

          巻くとこんな感じです。





後で気がついたのですがサスペンドのMS(ピンクとイエローの2色)


があったのでそちらにしておけばよかったかな?とも思いましたが、、、。





まあ次回という事で今シーズンはこれでいきます。