主にライトタックルですが四季折々の釣りを楽しんでいます。    

2014/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘からキスの天婦羅が食べたい


とのリクエストがあったので昨年同様行って来ました。


地獄のロードへ。(笑)




昨年は夜釣りから仮眠。


夜明けからの午前中キス釣り。という日程でしたが


今年は天気とスケジュールの都合により


朝からキス釣り、からの夜釣り、からの仕事


と言う事になりました。




夜明けとともにまずはキス釣り。


引き釣りで狙うとコツンとアタリが、、、。


しかし小さい。とにかく中指程度の超ピンギス。


何となくキスが釣れると聞いた事のある浜に移動すると






DSC01185_convert_20140729205302.jpg

            ボツボツサイズでやっとこさキープ





ピンギスの厳しいシーズンと言う事は承知の上でしたが


本当に厳しい状況。




激しいアタリで上がってきたのは








DSC01186_convert_20140729205728.jpg

                 小さな真鯛


リリース。





夜明け後3時間のゴールデンタイムが終わり


暑さと渋さに拍車が掛かりダウン寸前。


ランガンをしてキスのいそうな場所を探し歩きましたが






DSC01187_convert_20140729210227.jpg

                 外道の青ベラ




リリース。








DSC01188_convert_20140729210443.jpg

           極小のキスとガッチョ(メゴチ)のダブル。





リリース。





途中出会った70代?くらいのおじさんが


今日はもう釣れんから帰る。青虫いるか?と。


暑さに耐えきれずやめようと思っていたところだったのですが


ご厚意を断るのも気が引けるのでお礼を言って一応頂く事に、、。


まだ粘れという神の声なのか?


色んな葛藤が渦巻く中、結局餌が無くなる日暮れ近くまで


灼熱の太陽の下、罰ゲームにも似た(笑)キス釣りを続けました。





日が暮れてアコウをと思っていたのですが


そんな気力も残っておらず急遽ライトタックルに。


今年は海の様子がおかしく梅雨が明けたこの時期でも


藻が切れておらずびっしりと生えている状態。


まるで梅雨メバルを思わせるようなシチュエーション。


まだいけるのか???


そう思いながらキャストしていると







DSC01191_convert_20140729212135.jpg

            20cm程ですが居るには居ました。





最後の気力を振り絞り、いくらかキープして長かった一日を終えました。








DSC01192_convert_20140729212510.jpg

             シロギスは21匹キープ。




目標の20匹はどうにか達成出来、家族に顔向けが出来ましたが


それにしてもこの季節のシロギスはとにかく厳しいです。


2匹良型がいますがいずれも水深のある場所での釣果です。


水深の無い砂浜よりは水深のある漁港等の方がこの時期は


いいのかな?と言う気がしました。






DSC01194_convert_20140729213258.jpg




メバルはMAX22cm程ですが藻があるせいか


まだ何とか釣れました。


梅雨メバルなのか?夏メバルなのか?定かではありませんが、、、。





次は何を釣りに行こうか悩みますが


真夏の夜空に打ち上げる桜色の大輪の花


と言うテーマで15年振りくらいに


投げ釣りで真鯛でも狙いに行ってみたいですね(笑)






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。