主にライトタックルですが四季折々の釣りを楽しんでいます。    

2014/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風11号の影響を心配しながらも行ってみました。


相も変わらずメバルを狙いに、、、、。


予想通りかなり強烈な濁りが入っていましたが


幸い風も波も穏やかでした。






夏メバルの特徴はほとんど追尾しない点だと思っています。


沖から追尾して追尾してピックアップ寸前に足元でHIT!!


なんてことは夏メバルに関してはまず皆無。


あくまでも個人的な感覚ですが追っても50cm位まで。


それ以上の距離は追って来ていないと思っています。。





じゃあ釣れないのか?





深場に落ちて行く時期なので釣り難い事は確かですが


運良く目の前を通す事が出来たら反応する個体も居ます。










DSC01204_convert_20140816212251.jpg

        キープは 23cmと26cmの2匹だけでしたが、、、。






私の釣友は波止の際をテクトロで釣って歩きメバルを上げます。


数は上がりませんが反応する個体が居るって事は確かです。


どんなアクションに口を使うのかは予想不可能です。


汁系のワームの方が圧倒的に分がある様にも思われます。





これはあくまでも個人的な感想(感覚)ですので


軽く聞き流しておいて下さい。







晩秋の接岸時期までメバルはひとまずお休みして


次からは違うターゲットを狙って釣りに出掛けてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。