主にライトタックルですが四季折々の釣りを楽しんでいます。    

2014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/10


メバルは釣ろうと思えば一年中狙える。と言われますが


年間を通して海水温が最高に達するこの時期は


良型も深みに落ちる為、やはり不利なシーズンである事は間違いありません。




もう何年もこの9・10月のシーズンはメバルを釣りに行っていませんが


グラマーロックフィッシュTR83DEEPをどうしても使ってみたかったので


エギングの後、無理をしてメバルを狙ってみました。






DSC01222_convert_20140921112311.jpg

上・ブリーデングラマーロックフィッシュTR-83DEEP
下・ヤマガブランクスブルーカレント83Ti LONGCAST
         



レングスもロッドのコンセプトもほぼ同様のこの2本


やや83DEEPの方が許容範囲が広い様にも思いますが、、、、。





上げ潮が聞き始める時間帯からのスタート


キャストしてみるとブルカレとは異なりそのロッドの張りに驚きました。


硬い  とにかく硬い  バリバリの剛腕ロッドと言った感じです。


ブルカレは満月の様な丸い綺麗なベンディングカーブを描く為


非常に柔らかい感じを受けるのですが


83DEEPはバッドはもちろんベリーにもかなり張りがあるので


その点に大きな違いがある様に思います。




飛距離は暗い中なのではっきりとは確認出来ませんが


同等か張りが強い分83DEEPの方がやや飛んでいるのかな?


ってくらいの感じです。





リトリーブをしていてびっくりしたのはその感度。


藻に当たる感じ等も手に取る様に分かりますし


バイトも今まで味わった事の無いくらいビンビンに伝わってきます。


感度がいいと言うよりも、むしろアタリ(振動)が何かによって増幅されて


伝わって来ると言った印象でした。



一瞬どんなサイズだろう?かなりいい感じのサイズでは?


と勘違いしてしまう程のアタリが手元に伝わってきます。







DSC01220+(1)_convert_20140921114710.jpg





18cm程でしたが伝わって来る感度から言えば25cm位あるのでは?


と勘違いしてしまう程の伝わり具合なのです。


ショートバイトが多くかなり弾いている様にも感じましたが


これはサイズが非常に小さい為、フックに掛からないだけなのだろうか?


どちらなのかは本格的なシーズンになって良型を掛けてみない事には


何とも言えないと言った感じです。





ブルカレは足元まで寄せて魚との間合いを詰め


バッドのパワーで抜き上げると言った感じですが


83DEEPは足元まで寄せて来て、さあ抜き上げようと思った時点で


もう魚が水面を切って抜き上げられています。


ロッドが勝手に抜き上げてしまうと言った感覚なのです。


これには少々戸惑いましたがまあ慣れて行くしかないでしょう。






DSC01223_convert_20140921122828.jpg

             トップから数えて5番目のガイドです。



左がGRF83DEEP 右がブルカレ83Ti 


とにかくガイドが小さいので結び目の小さなノットが良さそうです。


ラインもロッド事態に張りがあるので


キャロやフロート等を使用するのであれば0.3や0.4号では


心元ないので0.6号辺りが無難なのかな?とも思いました。




魚を掛けた時の楽しさを味わうのなら最高のロッドだと思いますが


ブルカレ83Tiとは180度対照的なロッドの様な感じがするので


正直戸惑ってしまいます。


2本を足して2で割った様なロッドがあれば個人的には


ストライクゾーンど真ん中だと思うのですが、、、。




釣果の方はと言うとアベレージで13~15cm程が数匹と言う結果でした


やっぱりこの時期にメバルを狙うのは無謀すぎます。


ロッドの感じが分かったので次はシーズンに入ってから


メバルを狙いに行きたいと思います。